ダイソー ステーキナイフ&フォークセット セリアとの比較も!その②

100均キャンプグッズ

 ダイソーで税込¥110で購入可能なステーキナイフ&フォークセットについてご紹介します。

 普段使いだけでなく、キャンプやバーベキュー等のアウトドアシーンにもマッチして、切れ味も抜群です。

 セリアのステーキナイフ&フォークセットとは異なる点も多いので、前回は外観や細かな違いを取り上げました。

 今回はナイフの切れ味についてです。

 同じ価格ですが、両者全然切れ味が違いました。

 こちらも併せてご確認ください。

試し切り(野菜・果物)

 結論から言うとどちらも、切れ味抜群ですっと切れます。

左:ダイソー 右:セリア

 こんなに薄く切ることもできます。

 オレンジの硬い皮も問題ありません。

左:ダイソー 右:セリア

 曲線も問題ありません。

 直接的な切れ味とは違いますが、セリアの方が刃が若干薄いので、しなやかで使いやすかったです。

左:ダイソー 右:セリア

 両者とも波刃なので押し切りではなく、基本的に引き切りでカットすることになりますが、アウトドアシーンでは普通に包丁替わりに使用できるレベルだと感じました。

試し切り(肉)

 どちらも切れ味抜群です。

 ステーキナイフなので当たり前と言えば当たり前ですが(^-^;

左:ダイソー 右:セリア

切れ味についての結論

 波刃の形状が違うことからも想像がつく通り、切れ味が全然違います。

 あくまでも個人の感想ですが、単純な切れ味でいうとセリアのステーキナイフの方が切れます。

 ひとつひとつの波が小さいためか、スッと刃が入っていく感じが心地よかったです。

 一方、ダイソーのステーキナイフは肉の筋が切りやすいと感じました(別にupした動画では、特に触れていませんでしたが動画撮影後気が付きました)。

最後に

 どちらも普通によく切れますが、比較することで個性が見えてきました。

 キャンプやバーベキュー等のアウトドアシーンで、包丁替わりとしても使うなら切れ味の良いセリアに軍配が上がります。

 一方、ナイフ&フォークセットのカトラリーとして使う場合は、肉の筋を切りやすいことと、フォークがスタンダードな形状なことからダイソーに軍配が上がります。

 包丁替わりに使うぐらいなら包丁を持って行け、というツッコミは無しでお願いします(^-^;

 でも冗談抜きに、包丁替わりになりますよ。

コメント

タイトルとURLをコピーしました