普段使いに! アウトドア用ネックウォーマー

キャンプギア

 アウトドア用品は、よく考えられているだけあって普段使いにも便利です。

 今日はアウトドア用のネックウォーマーをご紹介します。

 アウトドアブランド各社で、保温だけでなく防風・透湿・速乾 等の特徴を付加したり、再帰反射のプリントがあったりとかなりバリエーションに富んでいて選ぶのが楽しくなります。

 ネックウォーマーの利点個人的に注目のネックウォーマーについてまとめます。

 ※冷感・UVカット素材を使用した夏用もありますが、今回は冬場に使用する防寒用について取り上げます。

ネックウォーマーは何がいいのか

 ネックウォーマー(ネックゲイター)は首周りを保温する防寒アイテムです。

 マフラーと違い、多くのネックウォーマーは首回りを一周するだけの長さしかありません。

 その分コンパクトで装着が簡単です。

安価

 有名なアウトドアブランドでも、安いもので1,000円台から購入できます。

 3,000円ちょっとあれば多くのモデルを選択可能です。

軽量コンパクト

 私が持っているパールイズミの旧モデルでは手のひらサイズで重量が55gしかありませんでした。

 アウターのポケットに入れておけばいつで使えます。

装着が簡単

 頭からスポッとかぶるだ、もしくはボタンやマジックテープで止めるだけなので誰でも簡単に装着できます。

 マフラーのようにくるくるして端を襟元に入れて・・・なんてことはしなくてもOKです。

機能性が高い

 安価なものでもフリース素材で保温性が優れていたり首だけでなく顔や耳まで覆えたりするモノがあります。

 ものによっては防風・透湿・速乾 等の特徴を付加したり、再帰反射のプリントがあったりと毛糸のマフラーにはない機能性があります。

 また形状も考えられており、単純な円筒型ではなく首が襟元から出ないように端が曲線的にカットされていたり、顔を覆った時に鼻の部分が引っかかるようになってずれにくいものもあります。

 フィッティング用のドローコードを引くと帽子になるタイプもあります。

種類が豊富で自分に合ったものを選べる

 私は頭からスポッとかぶるタイプのネックウォーマーを使用していますが、例えば女性でヘアスタイルやお化粧崩れを気にする場合はマジックテープやスナップボタンで着脱するタイプの方がよいでしょう。

 また、アウトドア重視なら高機能素材を使用したものが選べますし、おしゃれ重視でコーディネートが楽しい柄物も選ぶことができます。

 とにかく各社で多くのモデルが販売されているので必ず自分に合ったものが見つかります。

注目のネックウォーマー

自転車乗りにはパールイズミ

 自転車乗りにはやっぱりパールイズミがおすすめで私も使用しています。

 保温だけでなく、吸汗速乾で再帰反射が付いているのが特徴でいずれも安価です。

 マジックテープで脱着が容易なスタンダードモデルはこちら。

 定価¥3,300(税込)ですが、実質2,000円台で購入できます。

 ニット素材で温かく柔らかなフィット感のこちらもおすすめです。

 フィット感がよく、ヘアバンドなどのアレンジも多彩です。定価\3,850(税込)

高機能なノースフェイス

 ザ・ノース・フェイスの特徴は高機能素材を使用したモデルが多数あることです。

 しかも高性能素材を使用したモデルでも5,000円あれば購入できます。

 例えば「リバーシブルネックゲイター」は毛足の長いフリース素材だけでなく、もう片面に防風性の高い素材を使用しています。

 防風性を高めつつ、リバーシブルでファッションに合わせやすいモデルです。

 また「スーパーバーサロフトネックゲイター」は所謂フリース素材ですが、長い毛足が特徴的な厚手のものを使用しています。

 軽量で保温効果が高く、適度に通気性もあるため冬の普段使いに最適なアイテムです。

 こちらはドローコードを引けば帽子になります。

 他にもたくさんのモデルがありますが、多くの人におすすめできるモデルは上記の2つだと思います。

インスタグラマー監修の柄も選べるオシャレなコロンビア

 コロンビアはオシャレで安価です。

 コロンビアはネックウォーマー限らず、アウトドアに興味がなくても普段使いしたくなるかわいいデザインのアイテムが多いです。

 有名なインスタグラマーが監修した柄も選べる「バックアイスプリングスネックゲーター」はなんと1,000円台で購入できます(いくつか柄がありますが下で紹介している柄はインスタグラマー監修柄ではありません)。

 また「ハイクアンドライフネックゲーター」はアウターや帽子と連動したデザインが選べます。

 こちらはスナップボタンで着脱するタイプです。

 なんと2,000円台!

コメント

タイトルとURLをコピーしました