マカロンの自動販売機を求めて 花見川サイクリングコースへ その⑤検見川の浜でマカロンを食す

100均キャンプグッズ

 千葉市にマカロンの自動販売機があるというので花見川サイクリングコースを利用して行ってきました。

 途中でキャンプグッズも活用した「サイクリング+α」の楽しみ方もご紹介します。

 今回は最終回、検見川の浜でコーヒーを飲みながらマカロンを食べます。

検見川の浜

 検見川の浜は花見川サイクリングコースの起点です。

 長い人工海浜が続いていて、とても気持ちの良いところです。

 ここから家までは一般道路を走ることになるので、その前に休憩します。

コーヒーを淹れてマカロンを食べました

 今回はインスタントですがコーヒーを淹れました。

 アルパインサーモボトルは家から何時間も経っているのに、中は熱々です。

 コーヒーの香りが好きです^^

 これからの寒い時期、休憩時に体を冷やさないことも重要です。

 あったかいコーヒーで温まるのもいいですね。

 さて、マカロンを食べます。

 カシスフレーバー。パステルカラーで見た目もとっても可愛いです^^

マカロン(カシスフレーバー)

 中の生チョコガナッシュがとっても風味豊かで、とてもおいしかったです。

 大きさも普通のマカロンよりも大きめで食べ応えががありました。

 鼻に抜けるフレーバーの香りがよくて、他のフレーバーも試したくなる味でした。

 コーヒーを飲みながら・・・

 海を見て・・・

 ゆっくりとした時間が流れます。

 ごちそうさまでした!

帰路へ

 だいぶ日も落ちて来ました。

 帰路は千葉船橋海浜線を利用します。

 ちなみに検見川の浜の近くには「JFA夢フィールド幕張温泉 湯楽の里」があります。

 まだ行ったことがないので今度利用したいです。

JFA夢フィールド幕張温泉 湯楽の里

 

使用したキャンプグッズについて

 今回のサイクリングで使用したキャンプグッズをご紹介します。

 これらに合わせてアウトドアチェアを持っていけばサイクルチェアリングもできます。

モンベル アルパインサーモボトル

 登山する人も使用している軽量で高性能なサーモボトルです。

 何時間経っても中身は熱いままなので、カップラーメンやコーヒーを淹れるのにも使えます。

 過去の参考記事↓

 ちなみにアルパインサーモボトルは高性能のわりに意外と安価です。

 定価でもこのくらい↓

サイズ重量定価(税抜)
0.35L240g¥3,000
0.5L265g¥3,500
0.75L360g¥4,000
0.9L380g¥4,500

 サイズも選べるので普段使いでも欠かせないアイテムになるかも。

・0.5L

・0.75L

・0.9L

 このブログでも何回も使用しているので、興味がある方は検索に「アルパインサーモボトル」と入れてみてください。

 保冷力もあり、普段の生活でも使用できるので一つあると本当に便利です!

シェラカップ

 シェラカップはお皿、コップ、調理器具にもなる便利なアイテムです。

 今回はキャンドゥのシェラカップを使用しましたが、いろいろなアウトドアブランドがシェラカップを出しているので、キャンプ用品点に行くとついつい買いたくなってしまいます。

シェラカップリッド

 シェラカップリッドはシェラカップのフタです。

 シェラカップで炊飯できる様な金属製のものもありますが、今回持って行ったのはプラスチック製のシェラカップリッドです。

 シェラカップを小物入れにできるので、今回はシェラカップの中にコーヒーとラーメンを入れて持ち運びました。

 キャンドゥでも揃えることができますが、近くにキャンドゥがない方はキャプテンスタッグで揃えることもできます

 いつものサイクリングに何かをプラスすることで別の楽しみ方ができます。

 皆さんも是非やってみてください。

コメント

タイトルとURLをコピーしました