アウトドアブランドのシェラカップ

100均キャンプグッズ

 前回はキャン★ドゥのシェラカップのすごさを説明するために、「各社ステンレスシェラカップの一覧表」を作成しました。

 今回は一覧表には記載しきれなかった各社の良さを掘り下げてみます。

 コストパフォーマンスではキャン★ドゥのシェラカップに軍配が上がりますが、ステンレスシェラカップ自体は¥1,000台と安価なため、自分のこだわりポイントが合致すれば各社アウトドアブランドのシェラカップもとても魅力的です!

アウトドアブランドのシェラカップの良さ

 アウトドアシーンでの使用を想定しており、長年の愛用者もいるので、それが安心感に繋がります。

 また、アウトドアブランドは基本的に機能重視の設計となっていることが多く、(シェラカップではなかなか差別化は難しいですが)細かい点も追及されています。

 更に、シェラカップ以外の道具との組み合わせを考えた時に、同じブランドだと利便性が良かったり統一感が出たりすることもメリットです。

 各ブランドについて少し掘り下げてみます。

キャプテンスタッグ

 キャプテンスタッグは、ステンレスシェラカップにおいては意外にも定価ベースだと今回のメーカーの中で一番高額です。

 しかし、シェラカップ関連の商品が多く、ついついそろえたくなってしまう魅力があります。

 しかもそのほとんどが1,000円台以下なのでオールコンプリートも夢ではありません!

 シェラカップ用フタ↓

 シェラカップ調理器セット↓

 スタッキング可能な木製カップ↓

 シェラカップスプーン↓

 レザーハンドルカバー↓

 シェラカップケース↓

スノーピーク

 スノーピークのシェラカップはハンドル形状が独特で、指にフィットするような曲げ加工がしてあります。

 細かい部分ですが、長く愛用する道具ほど こういった細かい部分が気になってくるものです。

 スノーピークはこういったこだわりが素敵です。

 また、チタンシェラカップも販売しているので、必要に応じてチタンを選択することもできます。
 (チタンは軽いですが、熱伝導率が悪く調理には不向きです)

 チタンシェラカップ↓

ユニフレーム

 キャン★ドゥのシェラカップが出るまでは、300mLサイズのステンレスシェラカップで最安値でした。

 個人的には質実剛健・シンプルイズベストなイメージがあります。

 職人の街 燕三条の刻印が入ったシェラカップもあり、とてもかっこいいです↓

 ユニフレームもチタン製のシェラカップがあります。

 チタン製にしては価格が控えめなのでおすすめです↓

 また、特徴的なのが満水容量が約420mLの絶妙なサイズのシェラカップがあることです

 カップラーメンのお湯を沸かす時に300mLサイズだと足りない場合があるので、このサイズが絶妙です。

 ステンレス↓

 チタン↓

最後に

 コストパフォーマンスが高いことで有名なキャプテンスタッグですが、ステンレスシェラカップにおいては意外にも定価ベースだと今回のメーカーの中で一番高額です。

 しかし、キャプテンスタッグはシェラカップ関連の商品が一番充実していてついつい集めたくなっちゃいます。

 スノーピークのシェラカップはハンドル形状が独特で、指にフィットするような曲げ加工がしてあります。

 細かい部分ですが、長く愛用する道具ほど こういった細かい部分が気になってくるものです。

 スノーピークはこういったこだわりが素敵です。

 ユニフレームには満水容量が約420mLの絶妙なサイズのシェラカップがあります

 カップラーメンのお湯を沸かす時に300mLサイズだと足りない場合があるので、よく考えられています。

 コストパフォーマンスではキャン★ドゥのシェラカップに軍配が上がりますが、ステンレスシェラカップ自体は¥1,000台と安価なため、自分のこだわりポイントが合致すれば各社アウトドアブランドのシェラカップもとても魅力的です!

 長く使いたい方は、細かなポイントや関連商品の充実度等も調べてみると面白いですよ(^-^)。

コメント

タイトルとURLをコピーしました