花見川サイクリングコースで佐倉ふるさと広場へ その①

サイクリング

 花見川サイクリングコースを利用して佐倉ふるさと広場まで行ってきました。

 かなりおすすめの道なので、その様子を簡単にご紹介します。

 江戸川や荒川等の大きな川沿いのサイクリングロードとは違った景色が見れますよ。

花見川サイクリングコースとは

 花見川サイクリングコースは花見川沿いに整備されたサイクリングコースです。

 花見川は源流をたどれば印旛沼まで続いています。

 ただし、正確には大和田の排水機場から下流が花見川で、大和田の排水機場から印旛沼までは新川と呼ばれています。

 ですので、今回のルートは正確には花見川サイクリングコースだけでなく新川サイクリングロードや印旛沼サイクリングロードも利用する形になります

使用した自転車

 以前、花見川サイクリングコースを走った時はマウンテンバイクを利用しましたが、今回はロードバイクで行きました。

 スペシャライズドのアレー 2015年モデルです。

 実は先日ご紹介したブリヂストンのエクステンザRR2Xのファーストインプレッションの確認も兼ねています。

 ファーストインプレッションの時からだいぶ経ちましたが、トレーニングやツーリング用のタイヤとしておすすめですよ。

 ちなみに私は700x23Cを利用しています。

・700x23C

・売れ筋の700x25Cはこちら↓

 私の中では、今もなおファーストインプレッションとほぼ同じ評価です。

 癖のないタイヤだと思います。

 ファーストインプレッションの詳細はこちら↓

花見川サイクリングコースの様子

 今回は検見川の浜を起点に佐倉ふるさと広場へ向かいます。

 何回か使用したこの写真は出発前に検見川の浜で撮影しました。

 すごくいい天気に見えますが、後ろを見ると・・・

 こんな感じで、あやしい雲に覆われていました^^;
 (3枚とも自転車は動かさず同じ場所で向きを変えて撮影しただけです)

 さて、写真を撮っていよいよ出発です。

 しばらくは海岸線沿いを走って花見川の河口を目指します。

 突き当たりが花見川なので、花見川沿いを走る様に道なりに右に曲がります

 花見川河口の舞浜大橋をくぐって進みます

 コース序盤の橋はこの様に橋の下をくぐることができるので快適に進めます。

 コース沿いには緑地や公園も多いです。

 写真はしらさぎ公園付近です。

 スタート地点での不安が見事に的中し、急に雨が降ってきました^^;

突然の雨

 花見川サイクリングコースにはこの様に緑で囲まれた素晴らしい区間も存在しますが、季節によっては落ち葉も多いので、雨の日は特にスリップに注意してください。

 道に苔が生えている箇所もありました

 少し憂鬱な気分になったのも束の間、ものの数分で晴れました^^

 コースの途中には、道を横断する場面がいくつも存在するので、道を横断する時は気をつけてください。

 意識していなかったので正確でないかもしれませんがおそらく新川に入っていると思います。

 こんな道がしばらく続きます。いい感じの雰囲気。

新川?

 遠くに佐倉ふるさと広場の風車が見えてきました。

 

 江戸川や荒川等の大きな川沿いのサイクリングロードとは違った景色が見れてとても楽しかったです。

 次回は佐倉ふるさと広場のご紹介です。

コメント

タイトルとURLをコピーしました