ロードバイク乗りにおすすめ! エントリーグレードのマウンテンバイク

自転車に関する小話

 自転車は車種を変えれば違った楽しみ方ができる素晴らしい趣味です!

 ロードバイクに乗っていると、もっと気軽に乗れる自転車が欲しいと思う人は少なくないはず。

 ちょっと変わった視点でロードバイクを持っている人にこそおすすめしたいエントリーグレードのマウンテンバイク”をおすすめします!

ロードバイク乗りにエントリーグレードのマウンテンバイクがオススメな理由

ロードバイクで走れないところも走れる

 普段入らない脇道にそれるだけでも新しい発見があります!

 マウンテンバイクはロードバイクだと躊躇うような荒れた道でもどんどん入っていけます。

気を使わなくていい!気軽に乗れる!

 ロードバイクでは当たり前になっていることも実は意外なストレスになっていませんか?

 例えば

乗る前の準備(タイヤの空気圧、ボトルや補給食、すね毛処理etc)
乗る格好(いかにもなレーサージャージ)
路上の障害物(小さな段差、小石、割れ目etc)
利きが弱いブレーキ
クロスレシオで頻回な変速
気軽に自転車から降りられない(歩きにくいビンディングシューズ、いかにもな格好、高価な機材の盗難の心配)

 エントリーグレードのマウンテンバイクが1台あれば、これらの問題が一気に解決します!

 ロードバイクと比べてタイヤの空気圧はアバウトでいいし、サスペンションや太いタイヤのおかげで路上の障害物も気になりません。

マウンテンバイクのサスペンションフォークと太いタイヤ

 さらに効きの良いブレーキから、気持ちに余裕をもって乗ることができると思います。

 最近のエントリーグレードでは、嬉しいことに油圧ディスクブレーキも選択肢に入っています。

マウンテンバイクのディスクブレーキ

 また、ロードバイクでは細かく変速する必要がありますが、たまにはマウンテンバイクのようなワイドレシオなギアを使うと、普段より変速回数が減って予想以上に”楽”と感じるでしょう(体験談)。

ワイドレシオのカセットスプロケット

 最近ではエントリーグレードでもフロントシングルを選べるようになってきたので更に楽になりました。

フロントシングル

 少し個人的な意見が入りますが、マウンテンバイクの場合はフラットペダルでもかっこわるいと思わないので普段履きのシューズで気軽に乗れるところも魅力です。

フラットペダルでも違和感なし!?

 あとは、金額的な面と頑丈なイメージからラフに乗れるような気がして、気持ちが楽です。

 どうですか?マウンテンバイクがあると気軽に自転車に乗れますよ。

注意点

 最近のマウンテンバイクはハンドルは場が60cm以上のモノがほとんどです。

 ハンドル幅が60cm以上となると普通自転車ではなくなります。

 自転車走行可能な歩道や自転車通行帯を走行できなくなるので、気楽に乗れるマウンテンバイクを目指すなら購入時にハンドル幅を60cm未満になるようにカットしてもらってください。

最後に

 本気でマウンテンバイクの競技に打ち込んでいる方には納得できない点はあるかもしれません。

 決してマウンテンバイクを下に見ているわけではありませんが、頑強なマウンテンバイクには少しの緩さを受け入れてくれる包容力のようなものがあると強く思います。

 マウンテンバイクの誕生が楽しさを求めたところから来ているように、一度フラットな気持ちでマウンテンバイクに乗って普段とは違う楽しさを味わってほしいです。

 最後に少し話は逸れますが、過去にこんな記事も書いているので参考にして下さい↓

コメント

タイトルとURLをコピーしました