¥550 キャン★ドゥのメスティン

100均キャンプグッズ

 昨年ダイソーからメスティンが発売されて話題となりましたが、ついにキャン★ドゥからもメスティンが販売されました。

 キャン★ドゥで税込¥550で購入できます。

 ダイソーメスティンと若干の違いがみられるものの使用方法としては同様で、安いけど使えます!

 ダイソーメスティンとの違いを交えて、簡単なレビューと使用例についてご紹介します。

レビュー

 まずはパッケージの写真から見ていきます。キャン★ドゥでこれを見かけたら確保した方がよさそうです。

 私が購入した店舗はまだ在庫がありましたが、売れ行きは上々とのことでした。

 サイズは「約 幅15cm×奥行8cm×高さ5cm」でダイソーメスティンとほぼ同じです。

 ダイソーメスティンと同じで表面加工としてアルマイト処理してあるようです。

 アルマイト処理が施されているのでシーズニングは不要ですが、パッケージには「シーズニングのすすめ」とあり、やり方が記載されていました。

 アルマイトも永久ではないので、私はアルマイトがへたってきたらシーズニングしようと思います。

 また、炊飯のやり方が記載されていました。

 ダイソーメスティンは箱の中にイラスト付きの説明が入っていたので、ダイソーの方が丁寧と言えますが書いてある内容はほとんど同じです。

 さて、実際に開封してダイソーメスティンと比較してみます。

 まず見た目ですが、リベットの数が違ってキャン★ドゥは4つでダイソーは3つでした。

 100円ショップのキャンプギアは、各社で同じものを取り扱っていることがありますがメスティンは別物のようです。

 実際に並べてみるとほとんど同じに見えますね(^-^;

 ↓左がキャン★ドゥで右がダイソーです。

 しかし明確な差が!

 キャン★ドゥの蓋を開けようとすると・・・かたくて力を入れないと蓋を開けることができませんでした。

 ダイソーメスティンはさかさまにすると蓋が落ちるのに対して、キャン★ドゥはさかさまにしても蓋は落ちません。

 蓋の大きさはほぼ同じです。

 本体側は長辺方向は同じでしたが、短辺方向はキャン★ドゥの方が少し大きいです。

 これにより蓋がかっちりと閉じているのでしょう。炊飯時の吹きこぼれに影響が出そうですが・・・どうなんでしょうか。

使用例

 では実際に炊飯してみます。

 お米の量をちょっとずつ入れて試しましたが「リベットの〇〇の位置で〇合」のようなちょうどいいポイントは特にありませんでした。

 結局0.8合炊きにして挑戦しましたが、以前にダイソーメスティンで炊飯したように特に問題なく炊飯できます。

 心配していた吹きこぼれも大きな問題はなく若干垂れた程度でした。

 このぐらいなら1合ギリギリに炊いても特に問題はないと思います。

 炊きあがりもとても綺麗で美味しくいただきました!

 いい具合におこげもできましたが、アルマイト加工のおかげかこびりつき等はなく水につけておけば簡単に洗うことができました。

最後に

 結論としては安いけど使えます。

 蓋の閉まり具合についてはまだ情報が少なく仕様なのか個体差なのかはっきりしたことはわかりません。

 購入した方がいれば是非コメントをください。

 ただ、Twitterの方で「ダイソーよりキャン★ドゥの方がかたい」との情報を頂いたので、現時点では個体差ではなく製品仕様の可能性が高いと判断しています。

 キャン★ドゥのメスティンは固形燃料で自動炊飯もできるので、固形燃料でほったらかし炊飯をしている間にガスバーナーでおかずを作る、料理の幅が広がるのでおすすめです!

 次回は同じくキャン★ドゥで購入できるエッグホルダーを簡単に紹介します。

コメント

タイトルとURLをコピーしました