ダイソー ステンレス製ストッカー その①商品概要

100均キャンプグッズ

 ダイソーでキャンプに使えそうなステンレス製ストッカーを購入しました。

 サイズは4種類あって、4サイズをまとめて1つにスタッキングすることができます。

 一見するとキャンプと関係なさそうでずか、実は食器クッカーとしても使える可能性を秘めています。

 この点も踏まえて、全3回に分けて詳しくみていきます。

ダイソーステンレス製ストッカー

 こちらが購入したステンレス製ストッカーです↓。ダイソーのキッチン用品売り場で発見して購入しました。

 ポリエチレン製のフタ付き税込¥110です。

 サイズは10cm12cm14cm16cmの4種類があり、各¥110となります。

 4サイズ全て揃えても税込¥440です。

 このままでも食品を運ぶフードコンテナになりますが、ポリエチレン製のフタが完全密封できないので汁物は運べません。

 キャンプでの活用シーンを考えるとフードコンテナよりもスタッキングできる食器として活用できそうです。

 次の写真はフタがないですが、フタ付きでもスタッキング可能です。実は冒頭の写真はフタ付きでスタッキングしています。

 こんな感じでクッカーとしても使用できそうです。

 クッカーとしての使用については次回詳しく取り上げますが、おそらく直火は想定していない使い方になるのでこの点は自己責任でお願いします。

 ちなみに、オーブン不可となっていますが、直火不可とは書いてありませんでした。

 食器セットとしては使用上なんの問題ないのでご安心を。
 (熱い汁物を入れた時の火傷注意等の金属製の食器としての注意点はありますが^^;)

重量

 ちなみに、私がクッカーとしはて使えそうと考えたのは、厚めのステンレスを使用していたからです。

 逆に言うと、重量があると言うことですが、具体的な数値について計測してみました。

 まずは10cmの重量から。

重量(10cmフタなし):44g  重量(10cmフタ付き):50g

 次は12cm。

重量(12cmフタなし):55g  重量(12cmフタ付き):63g

 次は14cm。

重量(14cmフタなし):84g  重量(14cmフタ付き):96g

 最後に16cmです。

重量(16cmフタなし):103g  重量(16cmフタ付き):116g

 ちなみに4サイズ全てスタッキングした重量は326gでした。

 食器として考えると厚みがあって高級感がある一方少し重いという感じでしょうか。

まとめ

 一見するとキャンプに関係なさそうですが、こんな使い方ができそうです。

・フードコンテナとして(完全密封ではないので汁物は除く)
・スタッキング可能な食器として
・クッカーとして

 食器としてみると、スタッキング可能な上に厚みがある分ペラペラな他の金属製食器よりも高価に見えます。

 欠点としては食器として考えると少し重たいことです。

 また、同じサイズのストッカーを重ねることはできないので、ファミリーやグループでキャンプに行く場合は統一感も加味して、ロゴスやキャプテンスタッグ等のメジャーブランドの食器セットがおすすめです。

 メジャーブランドでも一人分の価格で考えると税込¥1,000台なので意外と安価です。

 ロゴス↓

 キャプテンスタッグ↓。キャプテンスタッグはホーローの食器セットを出していてとてもおしゃれです。

 ダイソーのステンレス製ストッカーはグループ用の食器としてみると、おすすめできませんがソロキャンプ用としては便利に使えると思います。

 また、クッカーとしてちゃんと使えるとなるとかなり使えるのではないでしょうか。

 クッカーの使用は次回詳しく取り上げて検証します。

 次回もお楽しみに!

コメント

タイトルとURLをコピーしました