江戸川サイクリングロード(妙典橋から新しい行徳橋まで)

サイクリング

 ブロンプトンで江戸川サイクリングロードの東側を走りました(妙典橋から新しい行徳橋まで)。

 私が学生時代の時よりもかなり道幅が拡張されてとても綺麗になっていました。

 江戸川に架かる橋と行徳橋付近の工事の様子もご紹介します。

妙典橋付近

妙典橋(東側)

 まずは妙典橋からスタートです。

江戸川越しに見る妙典

 対岸を見るとイオン市川妙典店が見えます。

 河口付近なので川幅が広く妙典駅まで遠く感じます。

 ここから行徳橋付近まで走ります。

市川市 江戸川サイクリングロード

 道幅が広くとても走りやすかったです。

江戸川サイクリングロード(東側)を北上

 シンボルとなるようなものがあまりないので、江戸川にかかっている橋を順番にご紹介します。

 まずは水道橋です。

 市川市は大きな江戸川で分断されていますが、水道はこうやってちゃんと繋がっています。

 次に東京メトロ東西線の鉄橋です。

 さらに北上するとまた水道橋があります。

 そして新行徳橋が見えてきます。

行徳橋付近(工事の様子)

 新行徳橋をぬけるとすぐに行徳橋になりますが、実は行徳橋は2020年3月10日にかけ替えられたばかりです。

 2020年12月現在、古い行徳橋は解体作業中で行徳橋付近は工事中となっています。

 ただし、ちゃんと迂回路があり問題なく通過できます。

 新行徳橋をぬけるとこのように看板があり、通行可能となっています。

 ちょうど古い行徳橋を解体しているところでした。

解体中の古い行徳橋

 古い行徳橋は2021年度には撤去されるようなので古い行徳橋を見れるのは今が最後です。

 行徳橋については以前 別の記事でご紹介しました。

 よろしければそちらもご覧ください。

コメント

タイトルとURLをコピーしました