セリア 固形燃料トレー その①商品概要

100均キャンプグッズ

 税込¥110セリアの固形燃料トレーを購入したのでご紹介します。

 固形燃料を入れるだけのトレーに興味がないと思っている人はちょっと待ってください!

 とても使えるアイテムであることを説明します!

 ちなみに実際の使用例は次回ご紹介します。

セリアの固形燃料トレー

 今回購入した固形燃料トレーはこちらです↓

 アウトドアコーナーにありました。

 材質はアルミニウム合金で、質感から鋳物と思われます。

 サイズはφ6.1x高さ3.1cmです。

 発売元はお馴染みのエコー商事株式会社です。

 重量は52gです。

 意外とありました^^;

 これは320mLのステンレス製シェラカップと同等の重量です。

固形燃料トレーが必要な理由

固形燃料トレーがあると燃えかすの処理が楽だから

 私は「ダイソーの25g 3個入り」の固形燃料をよく使用します。

 これにはこのようにアルミホイルがあるので燃えかすの処理が楽なのですが・・・

 これ以外の100円ショップの固形燃料にはアルミホイルがありません。

 アルミホイルがないタイプのものは固形燃料トレーがあると使用後の処理が楽です。

 25gの固形燃料は余らせてしまうことも多いので、ソロで使用するには20gで5個入りの方がいいかもしれません。

 固形燃料トレーがあればアルミホイルがないタイプでも気兼ねなく使用できますね^^。

色々使えて便利

 固形燃料トレーとありますが、他の燃料でも使用できました!

 (補足)固形燃料以外の燃料の使用は推奨されているわけではありません。

 まずはパック燃料です。

 実はこれを使用したくて固形燃料トレーを購入しました。

 27gタイプがちょうどいいサイズでした。

 あとはアルコール燃料でも使用できます。

 先日、自作アルコールストーブでやったように、スチールウールを・・・

 ほぐして固形燃料トレーに詰めます。

 あとはアルコール燃料を入れるだけです。

 15mL〜20mL入ります。

 固形燃料やパック燃料は使い切りですが、アルコール燃料は使用量を調節できるところが魅力的です。

最後に

 固形燃料トレーがあれば燃えかすの処理が楽になります。

 ただ、それよりも他の燃料で使用できることがとても魅力的です。

・固形燃料で使用可能。燃えかすの処理が楽。
・固形燃料よりもパッキングしやすいパック燃料が使える。
量が調節できるアルコール燃料が使える。 

 特にパック燃料がとても便利です。

 固形燃料でもいいのですが、複数持っていく際はパック燃料の方が圧倒的にパッキングしやすいです。

 また、パック燃料は個包装で揮発しないので固形燃料と比べて長期保管も可能です。

 これを機にパック燃料が最注目されると嬉しいです。

 長期間持つので、災害時の備蓄用も兼ねて割安なまとめ買いもおすすめです。

コメント

タイトルとURLをコピーしました