(比較) 超軽量 セリア 折りたたみテーブル

100均キャンプグッズ

 最近の100均キャンプグッズは本当にすごいです!

 前回、セリアの超軽量折りたたみテーブルをご紹介しましたが本当に私好みで素晴らしいテーブルだと思いました。

 今回は他のテーブルと比較しながらセリアの超軽量折りたたみテーブルの特徴をみていきます。

 本格的なテーブルとも比較してみます。

 結論から見たい方は目次から「最後に」へ飛んで比較表を確認してください

セリアのミニテーブルと比較

 セリアには昨年よりミニテーブルが販売されています。

 こちらと比較してみます。

セリア ミニテーブル

 サイズは使用時が28.4×17.5×8.8 cm耐荷重が1kgです。

 写真にはありませんが材質はポリプロピレン耐熱温度は140℃です。

 サイズ感はこんな感じで、天板面積はミニテーブルの方が大きいです超軽量折りたたみテーブルの方が天板が正方形に近いため、個人的には超軽量折りたたみテーブルの方が使いやすいと思います。

 重量は実測値で144gと超軽量折りたたみテーブルの倍以上あります。

 その他の情報も合わせてまとめると次の表の通りです。

製品セリア① 超軽量
折りたたみテーブル
セリア②
ミニテーブル
使用時
サイズ
22.5x20x8 cm28.4×17.5×8.8 cm
収納時
サイズ
30.5x9x3 cm28.4×17.5×2.5 cm
重量62g(実測値)144g(実測値)
耐荷重2kg1kg
材質ポリプロピレンポリプロピレン
耐熱性100〜140℃(予想)140℃
展開
(私見)
30秒3秒
税込
価格
¥110¥110
※仕様表に情報がないものは実測値

 ミニテーブルの利点としては、使用時の天板面積が大きいことと展開時間が早いことです。

 また、脚が邪魔にならないのでミニテーブルをいくつか重ねて棚のように使うこともできます。

 同じ値段なので「重量」「耐荷重」「展開の容易さ」で考えるといいと思います。

 私は驚異的な軽さとそこそこの耐荷重から超軽量折りたたみテーブルが好みですが、皆さんはいかがでしょうか。

SOTOフィールドホッパーと比較

 ソロ向けのテーブルで定番のSOTOフィールドホッパーとも比較してみます。

 並べてみると天板の大きさがかなり違うことがわかります。

 細かい仕様を見てみましょう。

製品セリア① 超軽量
折りたたみテーブル
SOTO
フィールドホッパー
使用時
サイズ
22.5x20x8 cm29.7x21x7.8 cm
収納時
サイズ
30.5x9x3 cm29.7x11x1.9 cm
重量62g(実測値)約395g
耐荷重2kg3kg
材質ポリプロピレン天板:アルミニウム
脚:ステンレス
耐熱性100〜140℃(予想)データなし
展開
(私見)
30秒1秒
税込
価格
¥110¥5,280
※仕様表に情報がないものは実測値

 やはり、SOTOのフィールドホッパーの方が材質が金属なので堅牢で耐熱性も優れています。

 総合的にみると本格的なキャンプではSOTOフィールドホッパーの方が優れていると言えます。

 そもそもが比較対象ではなかったかもしれませんが、圧倒的な価格差があることと、重量差に関して考えるとセリアの超軽量折りたたみテーブルも状況によっては選択肢になるでしょう。

Cascade Wild UL折りたたみテーブル と比較

 実は超軽量な折りたたみテーブルは、セリアが販売する前に既に存在していました。

 これと比較してみます。

製品セリア① 超軽量
折りたたみテーブル
Cascade Wild
UL折りたたみテーブル
使用時
サイズ
22.5x20x8 cm30.5×20.3×8.3 cm
収納時
サイズ
30.5x9x3 cm30.5x9x1.5 cm
重量62g(実測値)約60g
耐荷重2kg4kg
材質ポリプロピレンポリプロピレン
耐熱性100〜140℃(予想)約162℃
展開
(私見)
30秒30秒弱
税込
価格
¥110¥1,870
※仕様表に情報がないものは実測値

 Cascade WildのUL折りたたみテーブルは使用時の天板面積が先ほどのSOTOのフィールドホッパーと近く、耐荷重がなんと4kgもあります。

 耐熱性が約162℃とちゃんと明記されており、登山時の携行品として先人達が使用している実績もあります。

 Cascade WildのUL折りたたみテーブルはセリアの超軽量折りたたみテーブルの上位互換と言えますが、この価格差が・・・。

 皆さんはこの価格差をどう判断しますでしょうか。

最後に

 最後に4つのテーブルを一度の比較してみたいと思います。

製品セリア① 超軽量
折りたたみテーブル
セリア②
ミニテーブル
SOTO
フィールドホッパー
Cascade Wild
UL折りたたみテーブル
使用時
サイズ
22.5x20x8 cm28.4×17.5×8.8 cm29.7x21x7.8 cm30.5×20.3×8.3 cm
収納時
サイズ
30.5x9x3 cm28.4×17.5×2.5 cm29.7x11x1.9 cm30.5x9x1.5 cm
重量62g(実測値)144g(実測値)約395g約60g
耐荷重2kg1kg3kg4kg
材質ポリプロピレンポリプロピレン天板:アルミニウム
脚:ステンレス
ポリプロピレン
耐熱性100〜140℃(予想)140℃データなし約162℃
展開
(私見)
30秒3秒1秒30秒弱
税込
価格
¥110¥110¥5,280¥1,870
※仕様表に情報がないものは実測値

 やはり総合的にみると、堅牢で耐熱性もあり初心者にお勧めできるという点で、材質が金属のSOTOフィールドホッパーが優れていると考えます。

 しかしながら、圧倒的な価格差があることと、重量差に関して考えるとセリアの超軽量折りたたみテーブルも状況によっては選択肢になるでしょう。

 Cascade WildのUL折りたたみテーブルはセリアの超軽量折りたたみテーブルの上位互換なので、財布に余裕があれば選択肢に入れたい一品です!

 でもやっぱり税込¥110は魅力的ですよね^^;。

 セリアで今回ご紹介した折りたたみテーブルを見つけた時に本当にトキメキました。

 これからも100円ショップのキャンプグッズを応援していきたいです。

(2021/7/25追記)最近こんなソロ用テーブルも購入しました↓

コメント

タイトルとURLをコピーしました