ダイソー スキレット(φ16cm) その①商品概要

100均キャンプグッズ

 ダイソーはスキレットを数種類出していますが、個人的にはソロで使うには微妙なサイズだと敬遠していました。

 そんな中、新しく追加されたスキレット(φ16cm)がソロで使うのにちょうどいいサイズで思わず購入してしまいました!

 3回に分けてスキレット(φ16cm)をご紹介します。

ダイソースキレット(φ16cm)

 購入したスキレット(φ16cm)はこちら。

 私の近隣店舗にはお皿のコーナーに置いてありました。

 価格は税込¥330です。

 直径は約16cmで、内径は15.4cmです。

 フチの厚みは3mmでしたが、底の厚さは3.5cmです。

 一般的なスキレットと比べても薄いのと、フチが浅いこともあり持った感じはスキレットとしては軽量な部類に入ります。

 ちなみに液体を入れた時の満水容量は0.17Lです。

フチの立ち上がりが浅い

 重量は500gでした。

 紙を外して裏側を見ると簡単なシーズニング方法が載っていましたが、私は皮膜を厚くしたいので別の方法でシーズニングをしました。

 シーズニングのやり方は次回詳しくご紹介します。

まとめ

 ソロとしてちょうどいい径に、スキレットとしては軽量な点を評価して購入したわけですが、仕様をまとめると次のようになります。

価格(税込) :¥330
サイズ(直径):約16cm
サイズ(内径):15.4cm
肉厚(フチ) :3mm
肉厚(底面) :3.5mm
満水容量  :0.17L
重量    :500g

 数値を客観的に見てもソロ用として使いやすいと感じますが、みなさんはいかがでしようか。

 また、数値だけでなく個人的には見た目もかなりカッコイイと思っています。

 ちなみに、蓋はついていないので他で代用するしかないです。

 ジャストフィットではありませんが、ユニフレームのちびパンリッドが一応使えます(ちなみに鋳物ではありません)。

 次回はスキレットのシーズニング方法についてまとめます。

 明日もお楽しみに。

コメント

タイトルとURLをコピーしました