浦安市の新町地域と自転車 その①

浦安

 今回は浦安の新町地域についてまとめたいと思います。

新町地域とは

 前回ご紹介した神社仏閣や歴史的建造物がある元町地域と違い、モダンな街並みで浦安といえば新町地域をイメージす方が多いのではないでしょうか。

新町地域(日の出・明海・高洲地区)は、昭和47年から着工された第2期埋立事業で新たに造成されました。浦安の東南に位置し、約367ヘクタールの広さです。
多様なライフステージに対応した都心近郊型住居地としての開発を中心に、文化、商業などの複合的な都市機能をもつまちづくりが進められています。

【おいでよ浦安】新町地域の紹介|浦安市公式サイトより引用

新町地域を自転車で走りたい理由

 浦安に住んでみての感想ですが、この地域が一番自転車で走りやすいです。

 区画整理されていて、道がまっすぐで交差点も直角なので基本的に迷うことはありません。

 また、高層マンションが立ち並んでいるにも関わらず空が開けている感じがして走っていて気持ちいいです。
 これは「道幅が広く道がまっすぐ」なことと「電線が地下を通っていて視界に電線が入らない」からだと思います。

 さらに車と歩行者と自転車の通り道がわかりやすく区切られていることも大きな要因です(自転車通行帯があります)。

自転車通行帯

 新町地域の自転車通行帯は、車道の左側に設けられた自転車通行帯と違い、車道とはっきりと区別されているので安心です。

 また、車道にも設けられた自転車通行帯よりも幅が広いです。

明海大学付近の自転車通行帯

浦安市総合公園付近

 どうですか?走りやすそうでしょう。
 自転車で少し走ってみませんか。

 次回も新町地域について焦点を当ててみたいと思います。
 よろしくお願いします。

 なお、たまに自転車通行帯をものすごいスピードで走っている人がいますが、トレーニング場ではないのでくれぐれも安全運転でお願いします。

コメント

タイトルとURLをコピーしました