自転車に慣れよう(ブレーキの話)

自転車に関する小話

 「自転車なんてどれも一緒でしょ?」と思って、初めて乗った自転車で遠出をしたら痛い目を見ます。

 なぜ遠出をする前に乗り慣れておく必要があるのでしょうか。

ブレーキが全然違う!

 私の初めてのスポーツ自転車はVブレーキの付いたクロスバイクでした。

 まだ乗り始めの頃のことです。それまではママチャリしか乗っていなかった私は、ママチャリの感覚で少し強めにブレーキを掛けました。

 すると、前輪がロックして後輪が浮き上がったのです。そしてそのまま転びました。

 ブレーキが思った以上に効きすぎて、転んでしまったのです。

 

 逆のパターンもあります。

 クロスバイクの次にロードバイクを購入したのですが、ロードバイクのブレーキはVブレーキと比べて効きません。

 ロードバイクを購入してすぐに峠に行ったのですが、峠を1本下っただけでブレーキを握った手の握力が無くなりました。

 最近では廉価グレードでもディスクブレーキがついた自転車が多くなりましたが、ひとくちにディスクブレーキと言っても、ロードバイク用のディスクブレーキとマウンテンバイク用のディスクブレーキでは全然違います。

 また、同じマウンテンバイク用のディスクブレーキでもワイヤーで引くディスクブレーキなのか、油圧ディスクブレーキなのかでフィーリングが全然違います。

 ブレーキが違うのにはちゃんと理由があります。

 例えば山の急斜面を下るマウンテンバイクは絶対的な制動力が必要ですが、テクニカルなコーナーをスピードのロスなく駆け抜けるロードバイクは制動力よりもコントロール性を重視します。

 ちゃんと理由があって違います。

 自転車のブレーキは車種によって全然違います。

 ブレーキは安全上最も重要な部品です。

 新しい自転車の場合は、遠出をする前に乗り慣れておくことが必要です。

 

 

コメント

タイトルとURLをコピーしました